ライブ紹介


アンセム

リコーダー:弥永寿子
バロックヴァイオリン:平井誠
ヴィオローネ:田中寿代

 

バロックのひととき(バッハ、ヘンデルの生まれる前) ~1600年初頭イタリアから~

 

チーマ、マリー二、カステロ 等

 

◆弥永 寿子

 

相愛女子大学(現相愛大学)音楽部器楽科卒業。若林正史、北山隆、花岡和生各氏に師事。第3回全日本 リコーダーコンクール優秀賞受賞。在学中より、ダンスリールネッサンス合奏団に参加しレコーディングにも参加。 1994年ウルビーノ国際夏期古楽講習会にて、リコーダー及びルネッサンスアンサンブルをR.エーリッヒ、M.ボロンテリオの各氏に師事。2009年ミラノにて、M.スコルティカーティのレッスンを受ける。 関西各地でリコーダーアンサンブルの指導にあたるとともに、リコーダーオーケストラ「O.R.S」の指揮者を務めている。地元密着の演奏会を展開している「アンサンブルカトルカール」メンバー。大阪教育大学非常勤講師。

 

◆平井 誠

 

京都市立芸術大学音楽学部卒業。在学中よりテレマン室内管弦楽団に参加。 主要メンバーとして、国内外の演奏会に出演。1997年、20年間在籍したテレマンを離れ、在住の神戸を中心にコンサート活動、後進の指導にあたっている。古楽の分野では、2001年からのコンソート・ムジカ・アウレア等、多くの共演者を得、各演奏会を通してたくさんのバロック時代の作品に取り組む。2004年には、ビーバー作曲のロザリオのソナタ集16曲を3回に分けて、2009年には1公演で全曲を演奏。ヴァイオリンを古武滋野、ヘリー・ビンダー、ゲルハルト・ボッセ各氏に、バロックヴァイオリンをサイモン・スタンデイジ氏に師事。 http://www.m-hirai.com/ 

 

◆田中 寿代

 

県立西宮高校音楽科・東京芸術大学卒業、同大学院修了。また大学院在学中より日本テレマン協会のコントラバス奏者として参加。確かな演奏技術と豊かな感性で通奏低音を受け持ち、同楽団の低音奏者として重責を果たしてきた。07年3月に退団。ソロリサイタルはもとよりオーケストラ・室内楽・ 古楽器演奏などなど多方面に活動を展開。コントラバスを永島義男・南出信一、室内楽をサイモン・スタンデイジ氏に師事

 

  • ♪日時   2017年2月10日(金)

  •  

  • 開場   19:00
  • ♪開演   20:00~

  •  

  • ♪会場   cafe&bar anthem

    MAP

  •  

  • ♪入場料   2,500円

  • フード・ドリンクは別途、当日ご注文下さい。
  •  

    ♪座席数  25

 

公演に関するお問合せ先

cafe&bar anthem/☎078-771-4914(受付11時30分~23時)